こもり熱

自分で体温調整ができない病気。

おかあさんがこもり熱になりました。

高齢者は発熱したときの変化に気づかなかったり、

熱があることを言わなかったりすることがあるそうです。

対策としては湿度65、%~に保たないといけない。

掛物を薄くしたほうがいいと言われました。

肺炎にも似ているそうです。

クーラーをドライにし、室温を28℃に設定していたら、

自分のほうが寒くなっていた。

部屋の温度が23℃になっていた。

電気毛布を使ってしまいました。

お母さん場合、38℃で、ずっと微熱状態でした。

 

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 9, 2016 金曜日 at 3:27 pm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です